子育て

三女、一発で自転車のコマなしに乗る

こんにちは。半熟ままこです。

先日、三女(3歳)が自転車のコマなしにこけることなく一発で乗れたのでブログに残しておきます。

一発で乗れるわけ

とにかくストライダーでバランスを取ることを覚える

三女は、ストライダーに1歳半から乗っていて乗りこなすのが一番早かった。ストライダーでスイスイ。キックボードも2歳になる前から乗りこなしていた。

ストライダーである程度バランスが取れると、次は自転車のコマありでひたすら漕ぐことに慣れさせる。

公園内でジャンジャンスピードを出す三女。そうやって足でペダルを漕ぐのに慣れ、筋力もつけていたんだろう。

そして、いよいよコマなしで挑戦する日。

コマを外す時の親のサポートのポイントは1つだけ。

最初から勢いをつけてあげること。初めての自転車だからといってゆっくり押すのではなく、早めに押してあげる。

そうするとバランスが取りやすくストライダーに乗っているかのよう、そしていつものようにペダルを漕いで!と言うだけ。

そうすると三女は勝手にバランスをとりながらペダルを漕いで優雅に乗りこなした。

初めは親も子供も恐怖心からゆっくりと進みたくなるけど、そうするとかえって難しくなる。だからその日は思いっきりが大事。前を見てペダルを漕ぐことを教えておくとスムーズにいく。ストライダーとコマありで感覚は掴んでいるはずだから。。。

結局、三女はその日のうちにUターンすることまで覚えていた。。。

長女の時もストライダーコマ付き自転車で、一日で乗れるようになった

次女の時も同じ方法で、3回ぐらいで乗れるようになった

三女の時は一発

下になればなるほどに、乗れるようになるスピードが速くなっている。。。

娘3人ともすぐに自転車に乗れるようになったからストライダーの謳い文句は本当だったと思う。

わたしの自転車の思い出

三女を見て、子供の頃に自転車に乗るのにとても苦労したことを思い出した。
何度もこけて、親に何回も手伝ってもらって、かなりの時間と労力を自転車に乗るということに費やした。

が、三女は一発で乗れた。

親と子供が一緒に子供をサポートして一緒の時間を作る。親が一生懸命手伝ってくれたのを今も覚えていているくらい、「自転車に乗ること」がわたしと親の思い出になっている。今の時代の子はこの時間がなく少し寂しいのでは??

でも正直、三女が早く乗れるようになってくれたので楽でよかったな〜と思う。

だから、小さい子供を持つ親御さんはストライダーからの自転車を強くおすすめします。
子供も無駄に擦り傷を作らなくていいし、親も楽でいい。親と子の思い出は違うことで作ればいい。。。

いずれ三女にも必ず試練はくるはず、、、。長女が逆上がりに苦戦したように。

その時は一緒に練習に付き合ってあげよう。。。